太陽暦新年のご挨拶

0

    新年明けましておめでとうございます!と物心つく頃から何ど元旦を迎えてきただろう。正確にカウントすると概ねの年齢がバレちゃうけど、バレても全然びっくりされないか・・・。

    さて、太陽暦では新年になりましたが、本当は2月4日が新年の元旦ですよね!いわゆる陰暦(お月様の周期)は本来の日本人の持っていた時間のリズム。明治維新とともに今の太陽暦になったのですね。陰暦の一年間は一定の時間量ですが、太陽暦では誤差が出ます。13回ある月の周期を12回(十二ヶ月)に押し込めたのが太陽暦。なぜそうなのか、知りたいならさっくりとしか答えられないけど質問してね。そして感想を言ってね。

    年末から年始にかけてタスマニア島というところにいました。南半球オーストラリアの下にちょこんとある島でオーストラリアの州の一つです。世界一空気がピュアで雨水がそのまま飲めますというところです。以前は国際協力の仕事でアルメニアという国に行きましたが、そこは世界一美人が多い国、ということでした。「世界で一番」ということにこだわっていることではないのでたまたまです。

     

    話は戻りますが、タスマニアに行く予定でしたので、12月予定のの赤ちゃんがちゃんと予定日あたりで生まれてきてくれて「ありがとう!」とベイビーにお伝えしたのですが、赤ちゃんは「何のこと??何が問題??」みたいなそれこそピュアな眼差しを向けてくれるのです。生まれたての新生児に見つめられるとなぜその眼差しの中に「純粋性やピュアなイメージ」を持つのかな〜と思っていたら、ある本にこんなことが書いてありました。「信じること」とは「こうなってほしいと強く願うこと」だということ。「こうなってほしい願うこと」は自己中心な願いだったり、地球やすべての生きとし生けるものへの願いだったりと色々なものがあるのでしょうね。そこで、赤ちゃんは「こうなってほしい」とかないので「何も信じていない」だとか。信じていないと言われるとネガティブに聞こえるかもしれませんが、「こうなってほしい」ということがないということは「全てが大丈夫、それでいいのだ(バカボンパパではないけど)」という状態なので、赤ちゃんは何も信じる必要がないくらい全てを受け入れている状態だから、神聖なピュアなものを感じるのではないでしょうか?!!やがて「何でも大丈夫!」と思えない年代になってきます。その頃から「悩み」が子供達の中に増えて行きます。だから親は大人たちは「大丈夫!」って言い続けてあげ安心させてみましょう!子供自身が大丈夫と思えるまで待ってあげましょう!そう、お産の時に自分のペースで生まれてきたように!

    念頭にこのメッセージ:「全て大丈夫だから』


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 秋月 廣久葛本舗 葛窯開きのイベントで講座をします!
      mickey
    • 手作りキムチ講座とキムチチゲランチ会〜得意技シェアシリーズ〜
      原田 恵里

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM