コロナから学ぶ出産という営み〜持続可能な生き方とは〜

0

    映画で見た記憶がある「アウトブレイク」「パンデミック」

    いつか起こるだろうな・・・、と思っていたことがすんなり起こった。

    ミクロなウイルスはマクロな世界を塗り替えようとしている。

     

    さて、今朝も開業助産師の知人から「駆け込み助産院出産」のエピソードを聞いた。アメリカではどの州のことか詳細知らないが、病院での出産にコロナ感染のリスクが高まるとして急遽、自宅出産のニーズが高まっている、という記事を見た。

    ここ福岡でも、家族立ち会いはNO、という状況らしい。

    産後の入院中も家族の面会15分、とか。

    確かに施設から妊産婦や新生児の感染クラスターが発生したら由々しき問題だろうが、これでは産婦さんのホルモンは十分に出にくくなり、医療介入のお産が増えるんだろうな・・・。不安と分娩経過は相関するから。

     

    コロナ以前でも実は自宅での出産は微生物環境的に安全なのであるが、一般の人々にとってイメージは「病院、白いコートの医療者は清潔」といういうものらしい。実は病院は病気を起こす「病原菌」の巣窟なのに。

    産科医療の関係者なら知っているだろう。新生児室で理由なく「赤ちゃんたちの発熱減少」がよく起きていたことを。

    幸い大事に至らなく「抗生物質投与」で集結していただろうが、家で生まれた方が感染症のリスクは減るのです!

    更に、お白湯も糖水もミルクも与えずにひたすらママのおっぱいを吸わせていくと母乳で育っていく率ががぜん増えるのです!母乳で育った子の免疫の高さはいうまでもないのです!

     

    家族に守られて(家族間の常在菌で中で)お産をし、母の持つ免疫総動員の母乳を与え、母乳を出す母のための安心で健全なケアが忘れられていませんか??

    世界一働かせられる夫たちを愛すべきパートナーと子供たちに戻すこと、在宅が一番生命を輝く場所であること、身体や心を汚染しない社会を再構築すること、今チャンスね!あなたはどうする?

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM